SSブログ

新宿御苑の桜(1) [┣行ってきました!(旅・花・名所・展覧会)]

桜の季節になり、いつものように新宿御苑に行ってきました。


桜1-1.jpg


まずは、推し桜「陽光」を確認。
まだ4分咲き程度でしょうか。


桜1-2.jpg


多めに咲いている部分を選んで撮影してみました。


桜1-3.jpg


高遠小彼岸。彼岸に咲くというわりに、まだまだ三分咲きくらいでしょうか。


桜1-4.jpg


枝垂桜。遠目では綺麗だけど、まだ満開ではない。


桜1-5.jpg


寒緋桜。ちょうど満開でした。(こんな風に俯いて咲くので、満開っぽくないですね)


桜1-6.jpg


別の陽光です。こちらは、満開に近いですね。今年も、素敵な出合いがありますように。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ミュージカル「スウィーニー トッド」観劇 [┣ミュージカル・音楽劇]

ミュージカル
「スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師


原作:クリストファー・ボンド
脚本:ヒュー・ホイラー
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
演出・振付:宮本亞門


翻訳・訳詞:橋本邦彦
訳詞:中條純子、宮本亞門
音楽監督:山下康介
指揮:渡邉晃司
美術:松井るみ
照明:佐藤啓
音響:大坪正仁
衣裳:前田文子
ヘアメイクデザイン:馮啓孝
歌唱指導:安崎求
演出助手:河合範子
舞台監督:二瓶剛雄、田中絵里子、広瀬泰久
音楽アドバイザー:西野淳


<キャスト>
スウィーニー・トッド:市村正親
ミセス・ラヴェット:大竹しのぶ
乞食女:マルシア
アンソニー:山崎大輝、糸川耀士郎
ジョアンナ:唯月ふうか、熊谷彩春
ターピン:安崎求、上原理生
ビードル:こがけん
トバイアス:武田真治、加藤諒


市村正親大竹しのぶ、芸達者なお二人の共演する舞台作品をこれまで避けてきたのには、わけがある。
ホラー、苦手なんです。マジ大きらい。
そんな私をブリリアに連れてきてくれたのは、糸川耀士郎くん[exclamation×2]先月、バスケットボールしてたような気がするんですが、(そちらもミュージカル)あっちもやりながら、こっちもお稽古していたのね…[揺れるハート]


2.5次元俳優と言われる方たちの中でも、「歌が上手い」と評判の糸川くん。いよいよグランドミュージカルに進出、ということで、苦手なホラー作品ではあるが、観劇。しかし、開始1分で心底後悔した。
物語は、世紀末ロンドンに実在した殺人鬼の床屋をモデルに展開する。客の喉を髭剃り用のカミソリで掻き切って、その人肉を階下の肉屋でミートパイにして提供するというストーリーは知っていたが、思っていた以上に無差別に簡単に殺人が行われ、主人公たちは、罪の意識がほぼない。でも、一応、復讐がテーマになっていて、判事が妻に横恋慕して、その結果無実の罪で流刑になった主人公のベンジャミン(市村)が、ターピン判事(安崎/上原)に復讐するためにロンドンに戻ってきたところから、舞台は始まる。ちなみに、本作品の舞台は18世紀半ばのロンドンという設定になっている。産業革命の結果、近代化したロンドンとはいえ、あまり18世紀風には感じられず…(アンソニーが普通にセーラー服着てたりしたからかな?)いい意味で、あらゆる時代に共通する人間のドロドロした部分を浮き彫りにした舞台になっていた。
過去の自分を知る元弟子に脅迫されたことから、彼を殺害したのは、まあ分かるとして…それ以外の客への暴挙は、世の中すべてへの復讐ということだったのだろうか[exclamation&question]いやーとても納得できない。
物語の中で、唯一、アンソニー(山崎/糸川)とベンジャミンの娘・ジョアンナ(唯月/熊谷)の恋だけは、応援したくなったが、あとはもう…つらい…つらすぎる…[もうやだ~(悲しい顔)](今後も再演されるだろうと思うので、ネタバレは避けますね[あせあせ(飛び散る汗)]でも、もう観たくないくらいには、トラウマでした…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
マルシアちゃんが乞食女という役で出てくるのにも、深い意味があったんですね…[ぴかぴか(新しい)]


主演コンビのアクの強さ、宮本亞門の演出力をもってしても、私のホラー嫌いはぬぐえませんでした…[もうやだ~(悲しい顔)]
あ、でも、耀士郎くんの一生懸命なアンソニーは、気持ちよく摂取しました[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ボイラーマン」観劇 [┣演劇]

赤堀雅秋プロデュース
「ボイラーマン」


作・演出:赤堀雅秋
舞台装置:池田ともゆき
照明:佐藤啓
音響:田上篤志
衣裳:坂東智代
ヘアメイク:林摩規子
演出進行:松倉良子
舞台監督:足立充章


<キャスト>
中年男…田中哲司
喪服の女…安達祐実
老人…でんでん
中年女…村岡希美
喪服の男…水澤紳吾
若い女…樋口日奈
若くもない男…薬丸翔
小柄な女…井上向日葵
警官…赤堀雅秋


赤堀雅秋×本多劇場、わりとコンスタントに観ている気がする。


今回の作品は、過去に観た作品ほどヤバい人も出ていなくて(少々ヤバい人しか出ていないとも言う)、事件も起こらない。主人公の中年男は、たぶん、今夜のことを今後の人生で思い出すことはないような、そんな、なんでもない一夜の物語が、ちゃんとエンゲキになっている…というのが、素晴らしい。


村岡希美の、訊かれてないのに「独身なんです」と言っちゃう中年女のプチヤバい雰囲気や、喪服の男のカタギなのだけど、ちょっとヤバい感とか、小柄な女の醸し出す宗教感とか、彼女の語る「死」と、老人が恐れる「死」の徹底的に相容れない感とか、赤堀演劇の濃いエキスがあちこちに散りばめられている。
それでいて、若い女と若くもない男が、うまくまとまってしまう展開は、あー、まだなんか知らない部分があったかも…と、興味深く感じた。


田中演じる中年男の「ここの人じゃない感」と、安達演じる喪服の女の「ここにしか生きられない感」が交差し、なんとも言えない人生の妙が浮かび上がる。ただ夜の道を歩く二人の世界をもっと見たかったが、それは心の中で想像するべきことなんだろう。
全然しみじみしてる話じゃないのに、しみじみ人生を感じる素敵な舞台だった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ガラスの動物園」撮影会 [┣Studio Life]

The Other Life Vol.12「ガラスの動物園」、観劇した回が撮影会だったので、お裾分けです。


ガラス1.jpg


鈴木翔音くん(ジム役)、お姫様抱っこ上手なんですよね。


ガラス2.jpg


トム(奥田努)は、ジムに頭が上がらないのでしょうか。


ガラス3.jpg


本当は仲が良い、アマンダ(楢原秀佳)&ローラ(松本慎也)母子。


ガラス4.jpg


翔音くんは、本当にお姫様抱っこが上手。


ガラス5.jpg


妹に翻弄されるトム。


ガラス6.jpg


今回の美術は、申大樹さん。
俳優としてライフ公演に出演された申さんが、今回は美術を担当してくれて、本当に雰囲気のある素敵なセットでした。


ガラス7.jpg


公演間は、近くの梅照院(新井薬師)へ、満開だった桜の種類は何だったのかな?河津桜とかかな?


ガラス8.jpg


ローラ(吉成奨人)と母アマンダ。


ガラス9.jpg


トム(笠原浩夫)とジム(曽世海司)。背景のアマンダ夫の絵、Blueの時は笠原、Roseの時は曽世がモデルだったような気がする。


ガラス10.jpg


トムとローラ。一応、左が姉です[わーい(嬉しい顔)]


ガラス11.jpg


ジムとアマンダ。如才ないジムに、うまく乗せられてしまいましたね。


ガラス12.jpg


どこまでも可憐なローラなのでした[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ガラスの動物園」観劇 [┣Studio Life]

The Other Life Vol.12
「ガラスの動物園」


作:テネシー・ウィリアムズ
翻訳:鳴海四郎
演出:倉田淳


美術・舞台製作:申大樹
衣裳:竹原典子
ヘアメイク:川村和枝(p.bird)
照明:山崎佳代
音響:竹下亮
音響操作:宮本沙也加
美術助手:小林由尚
宣伝デザイン:田代祐子
制作:持田有美
当日運営・票券:三國谷花
当日運営助手:常盤美妃
協力:日本文藝家協会、株式会社タトル・モリ エイジェンシー 深海洋燈、東容子、小泉裕子
企画制作:スタジオライフ


<キャスト> BlueRose
アマンダ・ウィングフィールド:楢原秀佳
ローラ・ウィングフィールド:吉成奨人松本慎
トム・ウィングフィールド:笠原浩夫奥田努
ジム・オコナ―:曽世海司鈴木翔音


「欲望という名の電車」などでおなじみのテネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」をスタジオライフが上演する…ということで、観劇してまいりました。今回は、別の舞台で「ガラスの動物園」と、その続編的なストーリー、「消えなさいローラ」(作・別役実)を観劇したばかりというK様と一緒に観劇。
(そちらも観たかったなぁ…)


舞台は、アメリカ、セントルイス。登場人物はたった4人で、そのうち3人は家族。狭いアパートに母と姉娘と暮らしているトム(笠原/奥田)の回想として、物語は描かれている。
貧しい暮らしの母と姉弟。父親は、ある日、家を出て、遠い地から絵葉書を寄越したきり、音信不通。
母のアマンダ(楢原)は、娘のローラ(吉成/松本)の行く末を心配している。ローラは、病気で足が不自由になり、今はだいぶ回復しているが、高校生の時は、金属製の補助具を使って歩いており、その音が響くのが気になって、高校を中退してしまった。今もタイプの学校に行くふりをして、実は行っていない。父の残したレコードを聴き、ガラス細工の動物たちのコレクション(彼女はそれを「ガラスの動物園」と呼んでいる)を愛でることが、ローラの幸せだった。
アマンダは、トムに誰かローラに似合う男性はいないの[exclamation&question]とせっつき、トムは同僚のジム(曽世/鈴木)を家に誘う。実は、ジムはローラの高校時代の同級生で、ローラがひそかに憧れていた相手。最初は、一緒に食事をすることもできずに怯えてしまうローラだったが、ジムが少しずつ心を解きほぐしていく。
そして情熱の赴くままキスを交わした瞬間、ジムはハッとして身を引く。実は、少し前にジムは既に婚約していたのだった。
ジムが帰った後、意味のないご馳走をしてしまった…と嘆くアマンダを見て、もうここにはいられない、と、トムは心を決める。(同僚が婚約した…なんていうことは、知らされないものだ。いよいよ結婚する…となれば、休暇のこともあるから公にされるだろうが)
それくらい理不尽な母親との同居がイヤになっていたのだ。


動物園は、英語で「Zoo」だが、この「ガラスの動物園」は、「The Glass Menagerie」という英語タイトルだった。Menagerieは、現在の動物園ではなく、見世物小屋(サーカスと一緒になっているような…)のイメージらしい。たしかに雑多な動物が同じ場所に混然と置かれているのだから、Zooとはイメージが違うのだろうな。


楢原のアマンダは、もう絶対こういう人、いる[exclamation×2]と思った。独善的で、おしゃべりで、でも、なんか憎めない。娘時代の栄光(?)が忘れられず、思い通りにならない今の人生を嘆く。特に娘のことが心配でならない。が、あまり悲観的に見えないところが、独善オバサンのいいところかもしれない。
松本のローラは、役に松本の魂が吹き込まれたような、これぞ松本慎也、というヒロインだった。The Other Life の「ガラスの動物園」は、こういう解釈なんだな~と、松本のローラを観て納得する。作品と一体化したヒロイン像だった。
一方、吉成のローラは、母に逆らえず、壊れそうになりながら、ギリギリのところで自我を保っている、繊細な少女で、思わず手を差し伸べたくなるような、健気さが魅力だった。
奥田のトムは、本作の構成の妙(トムの回想)を成り立たせるように計算して、各場面を作っているように感じた。こういうトムだから、アマンダをこう思っていて、ここで爆発するんだなーとか、すごく納得。
笠原のトムは、圧倒的な主人公感があり、語り部=主人公というのは、たしかに成立するので、こちらも納得。吉成の弟には、どうにも見えなかったけれど…。
鈴木のジムは、「こんなん惚れてまうやろ」的イケメン。キスシーンも、本当に高校時代に気持ちが戻って、ローラが愛しくなったんだよね…その後の狼狽にも誠意が感じられた。
曽世のジムは、やばいチャラ男の雰囲気がぷんぷんしていて、でも、笠原のトムには見抜けないというか、同類な感じが見え隠れしていて、Blueチームは、本当に徹底してローラが気の毒な方向でキャスティングされたんだな、と思った。
同じ日に両チームを観劇したことで、違いが如実に伝わり、面白い観劇だった。


両公演とも撮影日だったので、別記事で、撮影タイムの画像をアップしたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

1周年祝 [┣会社]

副業で立ち上げから関わっている会社が、1周年を迎えた。まだまだ1年、ようやく1年、そのお祝いの場に呼ばれて、参加してきた。


風呂1.jpg


鯛の尾頭付き。特別に用意していただいたもの。心遣いが嬉しい[黒ハート]


風呂2.jpg


風呂付きの個室。湯船にはお湯がたっぷり。


風呂3.jpg


滞在時間が短かったので、お風呂には入らず、部屋のお風呂を足湯として使用させてもらった。
これだけでも十分にリラックスできた。


風呂4.jpg


お風呂の窓を開ければ、この景色が…[exclamation×2]
贅沢な時間を過ごさせていただいたので、新たな1年も、しっかりお役に立とうと心を新たにしました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「腑に落とす。」観劇 [┣演劇]

「腑に落とす。」


作・演出:根本宗子
音楽:清竜人
BOY:若林佑真
衣裳:藤林さくら
舞台監督:成田里奈
舞台美術製作:竹井祐樹
音響:藤森直樹
照明:中佐真梨香(空間企画)
照明オペレーター:山内裕太
当日受付:佐藤美紘
ヘアメイクプラン:小夏
舞台写真:Masayo
制作:月刊「根本宗子」


<出演>根本宗子、小日向星一


劇作家に専念している根本宗子が久々に女優復帰というので、行ってまいりました。
小日向星一との二人芝居というのも面白そう…[グッド(上向き矢印)]と思って。


結婚相談所に通う男女。紹介された相手が、まさかの元恋人[exclamation×2]
結婚相談所でのやり取り(一方的に責められる)では、相談所のスタッフ役も演じ分け、二人とも出ずっぱりしゃべりっぱなし。
個性強めな男女がどうにか結びつくまでの物語が、過去の交際話も交えて怒濤の展開で語られる。
ディズニーランドにおにぎりを持って行った話が何度もトラウマとして語られるのだが、最後まで持ち込み禁止に触れない辺りの価値観が秀逸。(たぶん根本さん、ディズニーとか詳しくないですよね[exclamation&question]


ずっと笑いっぱなしの楽しい時間でした。
小日向くん…ちょっと髪の毛がさびしくなってないですか?大切にしてくださいね…遺伝とかあるかもだし。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宙組大劇場公演見直し! [┣宝塚情報]

宙組公演『宝塚110年の恋のうた』『FINAL FANTASY XVI』 上演作品見合わせについて

2024.03.05

以下の宙組公演につきまして、上演作品の見合わせをお知らせいたします。

<宙組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演>
宝塚歌劇百十周年紀念奉舞『宝塚110年の恋のうた』
ミュージカル『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』

宝塚大劇場:2024年5月17日(金)~6月23日(日)
東京宝塚劇場:2024年7月13日(土)~8月25日(日)

上記につきまして、現状を踏まえ、上演作品の見合わせの必要があると判断いたしました。宝塚大劇場公演の初日に向け、現時点で通常スケジュールでの進行が難しいことから、上演作品『宝塚110年の恋のうた』『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』を変更のうえ、公演初日を変更させていただきます。
今回の決定に際し、ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、新たな公演日程および上演作品につきましては、決定次第発表させていただきます。


一部報道によると、2月末までに遺族側との協議が解決しない場合は、上演許諾を取り消す…という、権利元からのお達しにより、上演がかなわなくなったとか。
なんだかんだで、他の組は普通に公演ができているだけに、先の見えない状態の宙組にさらなる追い打ち…命の重さを考えれば当然と思う気持ちと、では、他の組や、宙組卒業生が普通に公演に出られている状況はどうなのだ、という気持ちが交錯する…


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

東京ディズニーランドへ! [┣行ってきました!(旅・花・名所・展覧会)]

40周年もいよいよ終盤、東京ディズニーランドに行ってきました[黒ハート]


TDL1.jpg


まずはシンデレラ城。朝9時前の写真です。


TDL2.jpg


最初にスプラッシュ・マウンテンへ。スタンバイの列が1時間未満だったので、並んで乗りました。
可愛いフクロウさんを撮影してみました。


TDL3.jpg


ベイマックスのハッピーライドは、お金にものを言わせて。(1年ちょっとぶりに子連れディズニーでした)


TDL4.jpg


スター・ツアーズ、簡単に乗れそうだったので、行ってみました。
一緒に行った友人息子が画面に出てきて、おお!っとなりました~[るんるん]


TDL5.jpg


モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”、実は、映画も見てないし、アトラクションに乗るのも初めて。
面白くてすっかり夢中になってライトを振り回してました。


TDL6.jpg


ワールドバザールの入口付近。ミニーちゃんのイベント中、というのは分かっていたけど、今回は、ショーもパレードもスルーだったので、実感なし。


TDL7.jpg


夜は、蒸気船マークトウェイン号に乗りました。ちょっと寒かったけど…


TDL8.jpg


船中から見るビッグサンダー・マウンテン。この日は休止中でした。


TDL9.jpg


ワールドバザールで食事が終わり、外に出たら、ちょうど花火が始まるところで、ラッキーでした。


TDL10.jpg


ワールドバザール内のミニーちゃんオブジェ。
花火が終わったタイミングで帰りましたが…それでも13時間以上…今回も楽しかった。
友人の息子くんの健やかな成長が嬉しい一日でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

まほやくコラボカフェ [┣マイ・グルメとクッキング]

お台場のジョイポリスで開催の「魔法使いの約束」コラボイベントに行ってきました[exclamation×2]


こちら、コラボカフェ。


1.jpg


グリーンバンズバーガー~桜の彩りを添えて~と、桜のシェイク。


2.jpg


バーガーのアップ。見た目、普通じゃないけど、味は普通に美味しかったです[揺れるハート]


3.jpg


こちらは、別のカフェで販売していた、アーサーのバースデー記念アイス。美味しかった~[揺れるハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理