SSブログ

「ボイラーマン」観劇 [┣演劇]

赤堀雅秋プロデュース
「ボイラーマン」


作・演出:赤堀雅秋
舞台装置:池田ともゆき
照明:佐藤啓
音響:田上篤志
衣裳:坂東智代
ヘアメイク:林摩規子
演出進行:松倉良子
舞台監督:足立充章


<キャスト>
中年男…田中哲司
喪服の女…安達祐実
老人…でんでん
中年女…村岡希美
喪服の男…水澤紳吾
若い女…樋口日奈
若くもない男…薬丸翔
小柄な女…井上向日葵
警官…赤堀雅秋


赤堀雅秋×本多劇場、わりとコンスタントに観ている気がする。


今回の作品は、過去に観た作品ほどヤバい人も出ていなくて(少々ヤバい人しか出ていないとも言う)、事件も起こらない。主人公の中年男は、たぶん、今夜のことを今後の人生で思い出すことはないような、そんな、なんでもない一夜の物語が、ちゃんとエンゲキになっている…というのが、素晴らしい。


村岡希美の、訊かれてないのに「独身なんです」と言っちゃう中年女のプチヤバい雰囲気や、喪服の男のカタギなのだけど、ちょっとヤバい感とか、小柄な女の醸し出す宗教感とか、彼女の語る「死」と、老人が恐れる「死」の徹底的に相容れない感とか、赤堀演劇の濃いエキスがあちこちに散りばめられている。
それでいて、若い女と若くもない男が、うまくまとまってしまう展開は、あー、まだなんか知らない部分があったかも…と、興味深く感じた。


田中演じる中年男の「ここの人じゃない感」と、安達演じる喪服の女の「ここにしか生きられない感」が交差し、なんとも言えない人生の妙が浮かび上がる。ただ夜の道を歩く二人の世界をもっと見たかったが、それは心の中で想像するべきことなんだろう。
全然しみじみしてる話じゃないのに、しみじみ人生を感じる素敵な舞台だった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「腑に落とす。」観劇 [┣演劇]

「腑に落とす。」


作・演出:根本宗子
音楽:清竜人
BOY:若林佑真
衣裳:藤林さくら
舞台監督:成田里奈
舞台美術製作:竹井祐樹
音響:藤森直樹
照明:中佐真梨香(空間企画)
照明オペレーター:山内裕太
当日受付:佐藤美紘
ヘアメイクプラン:小夏
舞台写真:Masayo
制作:月刊「根本宗子」


<出演>根本宗子、小日向星一


劇作家に専念している根本宗子が久々に女優復帰というので、行ってまいりました。
小日向星一との二人芝居というのも面白そう…[グッド(上向き矢印)]と思って。


結婚相談所に通う男女。紹介された相手が、まさかの元恋人[exclamation×2]
結婚相談所でのやり取り(一方的に責められる)では、相談所のスタッフ役も演じ分け、二人とも出ずっぱりしゃべりっぱなし。
個性強めな男女がどうにか結びつくまでの物語が、過去の交際話も交えて怒濤の展開で語られる。
ディズニーランドにおにぎりを持って行った話が何度もトラウマとして語られるのだが、最後まで持ち込み禁止に触れない辺りの価値観が秀逸。(たぶん根本さん、ディズニーとか詳しくないですよね[exclamation&question]


ずっと笑いっぱなしの楽しい時間でした。
小日向くん…ちょっと髪の毛がさびしくなってないですか?大切にしてくださいね…遺伝とかあるかもだし。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「九十九想太の生活」観劇 [┣演劇]

「九十九想太の生活」


脚本・演出:澁谷光平


音楽:まるやまたつや
舞台監督:本郷剛史
舞台美術:SPM
照明:仲光和樹
音響:小林遥


<キャスト>
九十九想太…前川優希
九十九悠也…里中将道
四宮晃司…日南田顕久
四宮さおり…木村はるか
五木美代…あきやまかおる
五木治…浦尾岳大
七瀬…山木透
八村…NARUYA
一ノ関…苗村大祐
二階堂…藤波瞬平
三条…釜山甲太郎


久々のスプリングマンの公演。
家族の日常を丁寧に描いていく「弁当屋の四兄弟」などのシリーズに、元スタジオライフの藤波瞬平が出演していて、その流れで観るようになった。今回も、登場人物は違うが、同じ町内の物語のようだ。(舞台は世田谷区の昔ながらの町の一角)
また、藤波のほか、日南田顕久、あきやまかおるもシリーズ常連で、彼らが出てくると、あの世田谷の街角の物語なんだなぁ~と勝手に脳が考えてくれるほどに、シリーズに馴染んできた感がある。
劇場は、今回、シアターアルファ東京という初めての劇場。恵比寿にできた新しい劇場なのだが、お茶の間を設営するには、ちょっと問題のある劇場だった。というのは、サイド前方の席に死角が多く、舞台をフルで使ったり、お茶の間に俳優が座ったりすると、まあ見えない。客席数200というコンパクトさは買うが、演目は選びそうだな…という感想を持った。
吉祥寺シアター(前回公演)のような勾配の大きな劇場の方が、この手の公演には合うように思う。
(場面転換のない芝居だが、正面に茶の間がどーんとあって、奥が庭先(干しっぱなしの洗濯物がある&訪問者は庭から入って来る)、下手にダイニングキッチンがあり、冷蔵庫だったり、椅子だったりがよく使われる)


母親が亡くなり、兄もほとんど帰って来ない都会の一軒家に想太は住んでいる。
取壊しの話が出る中、想太の心はあれこれと揺れる。事務的にことを進めようとする兄への反発だったり、思い出だったり…。様々な出来事が少しずつ、想太の心を整理し、想太は家の取壊しを決める。
4年ぶりの藤波瞬平は、九州に住む、この家の土地所有者役で、勝手に想太たちに思い入れを持っているという人物。人物像が立体的に浮かんでくる好演。なんだかんだで、好きな俳優だわ、やはり。
九十九兄弟が2.5次元作品などで人気の俳優ということもあり、いつものスプリングマンとは客層が違い(いつもは、個々の俳優+声優ファンが客層)、勝手にアウェイ感。プラス死角の多い劇場で、ちょっとしぼんだ気持ちになっていたが、終わってみるとほっこり。
今回もよきお芝居でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「メイジ・ザ・キャッツアイ」観劇 [┣演劇]

舞台
「メイジ・ザ・キャッツイ」


原作:北条司「CAT’S EYE」
脚本:岩崎う大(かもめんたる)
演出・共同脚本:河原雅彦


<キャスト>
来生瞳…藤原紀香
来生泪…高島礼子
来生愛…剛力彩芽
内海俊夫…染谷俊之
平野猛…上山竜治
藤堂…美弥るりか
栞…新谷姫加
神谷真人…川久保拓司
ミケール・ハインツ…長谷川初範


IMG_3397.jpg


キワモノかな[exclamation&question]と思いながら観に行った「メイジ・ザ・キャッツアイ」だったが、面白かった。
明治座で上演されるから、明治時代ではどうか、という提案が北条先生からのものだった!という衝撃[exclamation×2](企画は江戸時代ものだったらしい)もありつつ、明治時代で本当によかったなと思う。
しっかりテーマ曲が披露されるシーンもあり、レオタードは時代的に無理…とはいえ、極力寄せて、さらに出演者の魅力が引き立つ衣装になっていて、素晴らしかった。


美弥演じる藤堂、もちろんかっこよくて大満足なのだが、実は栞の母だったという設定には、納得が…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]男装ってそんなに簡単にできるもんじゃないのよ[爆弾]背が高くて美人でクールな高島礼子おねえさまだって、男装シーン(夢)は、痛々しかった。鬘もしょぼかったし。
染谷・上山・川久保の男性メンバーのやり取りが面白く、作品を盛り上げていたと思う。キャストの年齢差の緩衝材としても、染谷はいい仕事をしていたし、なにより、俊夫の可愛さが似合いだった。上山は、ややオーバーリアクションな芝居が役柄に合っていて、こういう芝居もやるんだな~と驚いた。2.5次元舞台にも出てくれないかしら[exclamation&question]⇒2.5系スタッフさんと、かなりお仕事されているし、ほぼ2.5な舞台もされてるんですね。そういえば、私が初めて観た公演「フルーツ・バスケット」だったかも…。


私が観劇した日はアフタートークがあって、コロッケさんがゲストで登場。上山はここでもMCで大活躍。いろんんな才能があるのね[exclamation×2]
コロッケさんの、ものまねによるキャッツアイの主題歌も面白かったが、普通に椅子に座っている藤原の足の長さ、顔の小ささに悶絶した。同じ人類とは思えない…[爆弾]
明治座150周年は、この公演がファイナル。150年…という歴史がエグいが、さらに進化を続けようと、たくさんの取り組みをしている姿に頭が下がる。ここ2年くらい、明治座率がめちゃめちゃ上がっているのだが、今年は何回通うのだろうか[exclamation&question]


IMG_3394.jpg IMG_3395.jpg IMG_3396.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「笑わせんな」観劇 [┣演劇]

「笑わせんな」


脚本:福谷圭祐
演出:オクイシュージ


音楽:遠藤浩二
美術:仁平祐也
照明:高野由美絵
音響:藤本純子
衣裳:高田菜々子
ヘアメイク:武井優子
演出助手:山田翠
舞台監督:宇佐美雅人


<出演>
藤原宙介…浜中文一
比嘉有希…山下リオ
山田遊太…鳥越裕貴
郷田宏…松島庄汰
鯉川愁平…岐洲匠
田中みゆ…佐藤日向
三池史帆…松原由希子
香坂麻尋…福井夏
佐藤真由…辻本耕志
吉岡美…久ヶ沢徹
松本正義…入江雅人


本多劇場で「笑わせんな」を観劇した。


面白いだけでなく、考えさせられるところもあり、充実した演劇空間だった。
やっぱ、鳥越裕貴が、出る舞台は、ハズレがない。


美容室の地下行われている秘密の会合。
参加者は、くすぐりたい「ぐり」と、くすぐられたい「ぐら」に分かれ、基本、ペアで参戦する。
※初参加者には「ぐりですか?ぐらですか?」という質問がなされる。これはもちろん、ロングセラーの絵本「ぐりとぐら」を意識している。
彼らは、スタート前にくすぐりをストップするための合言葉を設定する。というのは、「やめて」「やだ」という言葉は、くすぐられている間、ついつい口をついて出てしまうので、本当に「ぐら」がこれ以上はイヤだと思った時に、終了宣言として口に出す言葉が必要なのだ。
※実は主人公たちペアの終了ワードが「笑わせんな」だったということが途中でわかり…タイトルまで、くすぐりが効いているのだった。


オーナーに内緒で美容院の地下室を秘密会合に使っている主人公もひどいが、その他の登場人物たちも、めちゃくちゃ。誰一人、まともな人がいないと言っていい。
お仕事でSMクラブの女王様をやっている女性をのストーカーするドMの男性客が出てきたり、ハサミが握れない主人公を指名し続ける客が出てきたり。
そんなキャラクターの面白さで話をひっぱりつつ、「人のいやがることはしない」っていう当たり前のことが、どんなに守りづらいことなのか、考えさせられる。自分の欲望の成就や満足感が、他人の犠牲の上に成り立っているかもしれない、という意識を持ち続けることは、難しいけど本当に大切なことだと思う。
「くすぐり合う」という現実にはあり得ない趣味で繋がる人々のファンタジーな物語かと思わせておいて、実は、サスペンスを通り越してホラーになっていく展開に震え、あっという間に終演。 


 


演劇を観る楽しみって、つまり、こういう作品に出合うことなんだよ、と思える舞台だった。


IMG_3324.jpg


この日からスタートしたスタバの桜メニュー。まだまだ寒い中、心がホットになりました[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「かわりのない」観劇 [┣演劇]

「かわりのない」


作・演出:タカイアキフミ
美術・衣裳:山本貴愛
音楽:高位妃楊子
音響:谷井貞仁
照明:加藤直子
舞台監督:谷澤拓巳
演出助手:菅原紗貴子
ステージング:浅野康之
制作補佐:茉瑶
制作:笠原希
主催:合同会社TAAC


<出演>
春日井陽平(警察官)…荒井敦史
田代由希子(難病の息子を亡くした母)…異儀田夏葉
田代建太(由希子の夫)…清水優
根本岳(田代家の近所に住む事故死した大河の父)…納谷健
春日井里実(陽平の妻)…北村まりこ
橋爪史朗(内科医)…廣川三憲


シアタートップスで上演されていた「かわりのない」を観劇しました。


この芝居は、以前同じ作・演出家によって上演された舞台のリブート作品とのこと。上演後、前作に出演していた「悪い芝居」の山崎彬さんが登壇して演出家とのアフトクが行われ、さらに興味が増した。


そもそもは、拡張型心筋症の子供をアメリカで治療するために3億円を集めていた夫婦(本作の田代夫妻)だけの物語だった。あと20万弱で目標額に到達するというところで息子が急死、夫婦の関係性までおかしくなってしまう。夫は、妻との関係を修復しようと、募金を再開することを提案、いけないことだと知りながら、夫婦は、もう居ない息子のために募金活動を再開し、それが生きがいになっていく。


今回の舞台は、その夫婦のところに、シングルファーザーからネグレクトされている少年が訪ねてくるところから始まる「新たな物語」が追加されている。熱を出した少年を医者に連れて行った夫婦。自分たちの子ではないから保険証はない。しかし、3億円の募金を手にしている夫婦はお金に困っていない。一方、夫婦が駆け込んだ医者は、認知症の母親を抱え、コロナ禍以降の患者減少に悩んでいた。子供の具合が悪くなるたびに、良くなった時の喜びが大きく、夫婦は次第に薬を過剰投与することでわざと少年を体調不良にさせるようになっていく。医者も、薬の量が多いことを知りながら処方箋を書き続ける。そしてある日、投与された薬の影響で、ふらふらになった少年は階段から転げ落ちてー
そんな物語の進行役(語り部)であり、事件の取り調べを担当している警察官にもまた、「ものがたり」があってーという多重構造の物語。
舞台が進行するにつれて、事件の全容が明らかになっていくサスペンス的要素もあり、飽きさせずに見せる演出の手腕が見事だった。とはいえ、たしかに、山崎さんがアフトクで指摘しているように、この内容だと、抽象的な演出の手法を使うことが果たして正解だったか…というとなかなか難しい。
(シアタートップスという「袖のない劇場」を使ったために、このような演出にする必要が生まれたのかなと思うが、装置を増やす、という意味でなく、椅子を重ねたりばらけたりみたいな抽象表現を排して、シンプルに台詞劇として見せた方がよい内容の芝居だったとも思う。)


観劇後、それぞれの登場人物について、深く考え続けてしまった。
田代家のだんなさん、すごくやさしい人なのかなと思わせておいて、実はひどい人なんだなーとか。もし、倒れたのが自分の息子だったら、彼は、放置して逃げるような人ではない。キャッチボールするほど、大河くんを可愛がっておきながら、結局のところ、1ミリも愛してはいなかったんだな…と思うと切ない。
大河くんの父親は、大河くんを愛していたのに、「自分を捨てた嫁に似ている」からネグレクトしてしまう。葬儀のあとに刑事が訪ねて行った時、比較的冷静だったのは、悲しみの中に少しだけ、息子の顔を見なくていい…というホッとした思いがあったからかもしれない。
その命が、理不尽に奪われたと知った時、彼が感じた怒り=息子への愛を思い出したと思いたいけれど、あのまま大河くんが生きていたら、彼自身が息子を死なせてしまったかもしれない。
そして、子供が欲しい春日井の妻に対して協力的でない春日井は、突然蒸発した父親というトラウマを抱えていた。事件が解決した後、冒頭の春日井夫婦の物語に収束するが、ラストの春日井の台詞「里実と話したい、これからのこと」、実は私も、離婚切り出し[exclamation&question]って思ったんです。同じ感想を山崎さんが話してて、あれ、そういうこともあり[exclamation&question]となった。
里実さん、夫にべた惚れなのに…[あせあせ(飛び散る汗)]


ちょっとやばいお父さん役の納谷くん、今回も心に残るお芝居を見せてくれた。ブチ切れるとこがツボです。
異儀田さんの芝居もほんと好き。ゆうひさんと共演した方々、その後ファンになってしまうことが多いので、年々、観劇数が増えてしまいますね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ある閉ざされた雪の山荘で」観劇 [┣演劇]

舞台
「ある閉ざされた雪の山荘で」


原作:東野圭吾
構成・演出:野坂実
脚本:米山和仁


脚本協力:小原ゆか
美術:仁平祐也
照明:阿部将之(LICHT・ER)
音響:竹下好幸、島村幸宏
衣裳:清水喜代美
ヘアメイク:黒田はるな
アクション指導:藤田けん
演出助手:高島大輝
舞台監督:住知三郎


主催:ハピネット・メディアマーケティング、ノサカラボ


<出演>
久我和幸…室龍太
中西貴子…大野いと
田所義雄…加藤良輔
元村由梨江…本西彩希帆
麻倉雅美…入来茉里
笠原温子…綾凰華
雨宮京介…小南光司
本多雄一…今江大地


東郷陳平…山寺宏一(声の出演)


映画と舞台が同時に上映/上演されるということで、両方見た人キャンペーンというのをやっているのを知り、直前に映画も鑑賞し、内容を頭に入れた上で観劇。この時点で、あやなちゃんが一番最初に消える人物ということがわかっていたので、ちょっと気分は下降気味。でも、本作、ほぼ原作通りの内容にもかかわらず、唯一と言っていい原作にない設定が、探偵役の久我が、第一の被害者を脳内でパートナーにして推理していくタイプの探偵だったこと。あやなちゃんの登場シーン、大幅アップ[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


犯人は俳優たちの誰か、という設定は、つまり、彼らの証言が演技かもしれないわけで、見ている方は楽しいが、演じている方は、役を演じるだけでなく、嘘の部分をそこに上乗せして演じなければならないので、演技プランがより大変になる。
多重構造(演劇のオーディションという空間を利用した殺人劇と見せかけて…みたいな)になっているので、観客に理解させるのも大変だろうし、さらに役者は舞台転換までやるので、相当頑張っただろうな…。


あやなちゃんは、ちょっと勝気なリーダー格の笠原温子(赤温子)と、推理の相棒(白温子)の実質2役。どちらも魅力的で、ファンとして楽しかった。
コナンくん(小南)は、普通にイケメンが嫌味なく、さすが。
大野いとちゃんがすごいスレンダーの美女になっていて、ああ、あれから時は流れたんだな~と実感した。
(2016年にゆうひさんと共演した頃は、はちきれんばかりにぷにぷにしていたのに…)


ちなみに映画版は、間宮祥太朗くんが圧巻でした[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「シラの恋人」観劇 [┣演劇]

シス・カンパニー公演
「シラの恋文」


作:北村想
演出:寺十吾


美術:松井るみ
照明:服部基
衣装:前田文子
音楽:坂本弘道
映像:ムーチョ村松
音響:岩野直人
ヘアメイク:宮内宏明
ステージング:小野寺修二
舞台監督:芳谷研
プロデューサー:北村明子


剣術指導:楠見彰太郎(座☆風流堂)、田村令


<出演>
草彅剛、大原櫻子、工藤阿須加、鈴木浩介、西尾まり、明星真由美、中井千聖、宮下雄也、田山涼成、段田安則


「シラノ・ド・ベルジュラック」の翻案だと思って観に行ったら、「シラノ…」に「着想を得た」オリジナル戯曲だった。
物語は、近未来の日本を舞台にしている。たぶん、十年ほど先の。コロナ禍などを経て、既存の抗生剤の効かない結核が「新たな死病」となった日本。各地に、患者を受け入れて療養させ、最期は看取るためのサナトリウムが出来た。鐘谷志羅(草彅剛)は、患者としてここを訪れる。
山と海が見える美しい場所にあるサナトリウム。そこには、クセのある院長(段田安則)や、色々抱えていそうな看護師(西尾まり)がいて、個性的な患者もたくさん療養している。
そんな中に、まだ若い女性の入院患者・野浦小夜(大原櫻子)がいる。
志羅は、小夜の姿に、子供の頃好きだったテレビ番組の中の少女剣士の姿を見ていた。(志羅が小学校に上がったくらいの頃に10代の若手女優だったその役の女性は、20歳前に交通事故で亡くなっていた。)


サナトリウムの学芸会(?)みたいなシーンが長々あって、その辺りで集中力が切れてしまった残念な私…
「シラノ・ド・ベルジュラック」が脳内にあると、そこから飛び越えた部分を受け入れるのが、困難になる。たとえば、志羅が剣の達人である部分などはしっくりする。院長の代わりに、小夜への手紙を代筆するのも。
それ以外の物語がなかなか入り込まないのは、思い込みのせいなのか、原典シラノの強烈なストーリー力のせいなのか…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
サナトリウムという閉鎖された世界の中の、閉ざされた物語かと思っていたら、話は急展開。お隣の国を「中国」と呼ばず、仮名にしているのが変だな~と思っていたら、突然の戦争勃発[どんっ(衝撃)]
愛する小夜を守るために、命の期限を知った志羅は、戦争に行き、そして戦死する。志羅は45歳、小夜は24歳なので、院長の老いらくの恋までは行かないものの、ある程度年の差がある。年齢差を超えるほどの熱愛が存在するわけでもない。でも、志羅は、日本を…ではなく、小夜を守るために戦争に行ったんだよね。彼の愛は、そういう形でしか表現されなかった。
ああ…そういう純粋な、ただ一方的に見返りなく捧げられる愛…というのが、「シラノ…」なのかもしれない。


中国らしき国と交戦状態になった時、かの国が日本海側にある原発を一斉に攻撃したという。
その中に、「志賀原発」の名が出てきた。あまりにリアルで言葉を失った。
(この作品は東京公演の前に、京都・福岡で公演されており、北陸の地震でクローズアップされた原発の名前が出てくるのは、偶然。だからこそ、ぞーっとした。)


大原の歌声の美しさ、力強さが印象に残った。ミュージカルではないが。
段田が院長の複雑な胸の内を、見事に表現していた。
そして、鈴木浩介の存在感がたまらない…[ぴかぴか(新しい)]宮下雄也もいい味を出してたなぁ[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

少年社中「テンペスト」 [┣演劇]

少年社中25周年記念ファイナル 第42回公演
「テンペスト」


原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚色・演出:毛利亘宏


照明:斎藤真一郎
音楽:YODA Kenichi
衣裳:村瀬夏夜
舞台美術:秋山光洋(n10design)
舞台監督:横尾友広
音響:井上直裕(atSound)
振付:本山新之助
アクション指導:栗田政明(倉田プロモーション)
映像:森すみれ
ヘアメイク:林美由紀
演出助手:本藤起久子


原作者・シェイクスピアは、劇団の座付作家だった。新作の公演は、おそらく、上演時の劇団員に当てて配役されている。
不自然に劇中で登場しなくなるキャラクターは、初演当時一人二役で配役されていたのでは[exclamation&question]と言われているし、後年、演技経験の浅い少年が演じているはずのヒロイン役が複雑なキャラクターになったり、独白したり、エピローグを担ったりするのは、天才俳優が現れたか、大人になってもヒロインを演じられるような、日本で言うところの女形役者が育ったのか、それともこっそり禁断の女優が登場したか、研究者でなくても想像は止まらない。
シェイクスピア劇には、主人公やその相手役のようなメイン配役だけでなく、トリックスター、道化、脇筋の主役など、様々な役が配置され、劇団員のあっちにもこっちにも配慮しているな〜と感じることが多い。まさに、本作の作・演出の毛利さん[exclamation×2]
他の舞台では普通にダントツで主演している鈴木拡樹、矢崎広、鈴木勝吾の三枚を煌びやかに揃えて、劇団員の井俣太良主演の一作を作ってしまうのだから。 私が観た回は、そんな毛利さんが、日替わり配役の亡くなった劇作家の役を演じていたので、その「演劇への想い」を直に感じることもできた。
そして、「芝居」でも「劇」でも「舞台」でもなく「演劇」という言葉を使うから、どうしたって、「エンゲキ」というシリーズを作り続けていた【彼】を思い出してしまう。追い出された元主宰の演出家を再度受け入れて、その謝罪を信じよう、というのは、【彼】が戻ってきた時に、演劇界が【彼】にどう向き合うか、のひとつの答えのようにも思えた。
でも、ぶっちゃけ、私は、こんなパワハラ演出家(ギン=井俣太良)を受け入れることはできないし、どんな理由があったにせよ、現実社会で人を騙すために演技を使った【彼】を赦すのは、なかなかにハードルが高い。


にもかかわらず、ギンを受け入れるかどうかを、観客の(半ば強制的な)拍手に委ねた本公演は大きな問題がある。
鈴木拡樹に拍手を求められて、断れる演劇ファンがいるだろうか[exclamation&question]でもそれは、観客が鈴木拡樹を愛しているから、であって、パワハラ演出家を赦せたからではない。虎煌遊戯(ここうゆうぎ・作中の劇団名)がギンを受け入れ、彼と演劇をやっていこうとするのは勝手だし、その結果、よい芝居をやってくれるなら、私は観に行くかもしれない。でも、それは、話が閉ざされた世界の中で完結している場合だ。 現実にパワハラを見せつけられ、いまだに鉄拳制裁で役者を育てている演出家を「拍手で受け入れてください」と言われれば、私は拒否したい。
「テンペスト」の上演と現実の劇団の物語を結びつけ、綺羅星のようなスター俳優に見どころを与え、迫力の舞台を作り上げたことは素晴らしいけれど、赦せない思いを胸に、仕方なく拍手してしまったことは、長くトラウマになりそうな気がする。


鈴木拡樹は、堂々とした座長感を持っているのに、今回はトリックスターのエアリエル(本編では、ギンの送り込んだ俳優・ラン)。トリックスターらしい身の軽さと、口八丁手八丁の自由闊達さに加え、殺陣の迫力はお見事。
矢崎広は、「テンペスト」主役のプロスペロー(本編では、劇団2枚看板の一人、カグラ)。堂々としたプロスペロー役と生真面目で責任感が強く冒険できないカグラを見事に融合させてくる。少年社中でのぴろしは、彼のナイーブな面が透けて見えて好きだなぁ。
鈴木勝吾は、プロスペローに飼われている怪物・キャリバン(本編では、劇団2枚看板の一人、シュン)。いくらなんでも、二枚看板の一人をキャリバンにするだろうか[exclamation&question]と思うが、これが似合ってるから、毛利さんすごい。カグラのライバルは自分しかいないと自他ともに認めつつ、どこかで無理しているカグラを助けたいと願うシュンの優しさが沁みる。
萩谷慧悟は、かつてこの劇団のトップスターで、ギンが追われた頃に事故死した、伝説の天才俳優。冒頭から、劇場に住む幽霊のような存在として、観客の前に現れる。美しい。さすが伝説のトップスター。さらにダンスシーンが始まると、彼から目が離せなくなる。これって、以前、桐山照史にも感じたことなんだけど、やっぱ、あの事務所出身者って、目を引くダンスを踊れるよなぁ…(しみじみ)
本田礼生は、プロスペローの娘と恋に落ちる王子・ファーディナンド(本編では、劇団の若手俳優、ヒナタ)。空回りも含めて若さがキラキラしているヒナタ&ファーディナンドが眩しい。

井俣さんはじめ、少年社中の皆様方も適材適所、特に女性陣がみんな素敵[黒ハート]なだぎ武さんも、なぜか劇団員役が違和感なく、素敵でした[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

明治座「西遊記」 [┣演劇]

日本テレビ開局七十年記念舞台
「西遊記」


脚本:マキノノゾミ
演出:堤 幸彦


音楽:植田能平
美術:松井るみ
照明:高見和義
音響:山本浩一
衣裳:宮本宣子
ヘアメイク:川端富生
映像:髙橋洋人
ステージング:広崎うらん
アクション:諸鍛冶裕太
演出助手:松森望宏
舞台監督:小川 亘
制作統括・プロデューサー:松村英幹


出演
孫悟空…片岡愛之助
三蔵法師…小池徹平
猪八戒…戸次重幸
沙悟浄…加藤和樹
玉竜…村井良大
紅孩児…藤岡真威人
鎮元子…田村心
玉帝・高伯欽…曽田陵介
虎力大仙…小宮璃央
高翠蘭…柳美稀
鹿力大仙…押田岳
羊力大仙…桜庭大翔
銀角…山口馬木也
金角…藤本隆宏
鉄扇公主…中山美穂
牛魔王…松平健


釈迦如来…藤原紀香(映像出演)
ナレーション…神田伯山


さすが、日本テレビ70年記念舞台だけあって、出演者が豪華[exclamation×2]
昨年、字は違うけど(by田村心)「最遊記」の外伝を観劇したので、天上の物語から始まったのも、胸アツ。
猪八戒が天蓬元帥、沙悟浄が捲簾大将として登場するシーンもあって、それがあることで、ブタやカッパに見えないイケメンの彼ら…というのが、納得できちゃうシステムというのはあるものの、私は勝手に「最遊記外伝」を思い出して、盛り上がっていた。
とにかく豪華キャストな上に、さらにお釈迦様=藤原紀香の巨大映像が登場。お釈迦様のてのひらの上で踊らされている孫悟空=片岡愛之助という設定が普通に笑えるのは、たぶん紀香様が本当は愛之助さんに献身的に尽くしているというのが伝わっているせいもあるんだろうと思う。


豪華キャストはさらに歌も歌っちゃう。考えてみれば、Wロナン(「1789」小池徹平加藤和樹)だし。ミュージカル俳優出まくりだし。
あと、村井良大加藤和樹の共演も「乾杯戦士アフター5」を思い出して感慨深かった。私、この作品で戦隊ものにはまっちゃったのよね~[わーい(嬉しい顔)]
妖艶な女子に溺愛される田村心とか、なかなか2.5作品では出てこない(少年漫画的世界なので)シチュエーションが面白かったり、「西遊記」の様々なエピソードが再認識できたりで、実に楽しい観劇でした。紅孩児役の藤岡くんは、20歳になったばかり…とか、すごいな。これがよい経験になりますように。


愛之助さん、カーテンコールでロンダードからのバク宙を決めてくれて、目がはぁとになりました[揺れるハート]


IMG_3052.jpg


明治座前の幟。トレジャー5のレッドとブルーが揃い踏み(わかる人にしか刺さらない[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇