So-net無料ブログ作成
┣かんがえごと ブログトップ
前の10件 | -

いまごろインボイス? [┣かんがえごと]

先日、軽減税率の話で今ごろトレンド入りしているという話を書いたら、今度は、インボイスがバズっていた[右斜め上]


軽減税率が伝わっていないなら、インボイスだって伝わってないよな、そりゃ…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


インボイス制度というのは、消費税制度の根幹をなすもので、欧米では、これによって消費税を納めている。
消費税というのは、消費者が支払った「消費税」を、そのまま100%納税させるのがキモなのだが、現在の日本の消費税納税制度において、それは不可能な状況になっている。
我が国の消費税法では、前々年度の売上高が1000万円以下の事業者については、納税が免除されているが、免税事業者は、それを告知する必要がないので、相手が免税事業者であっても消費者は、税込1,080円と言われれば、本当は1,000円の商品だったとしても、1,080円を支払うことになってしまう。消費税として払ったはずの80円は、納税されないままだ。
では、そのお店は、1,000円の商品につき80円ずつ得をしているのか、というとそうではなくて、仕入れにかかる消費税については、満額支払っているため、もし、売上を1,000円にしてしまうと、利益が課税事業者を下回ってしまう。なので課税庁としては、その80円が納税されないことがわかっていても、消費税の免税事業者が消費税込みで売上を受け取っていることを承認してきた。
それは、買う側が企業であることも考えてのことだった。
つまり、免税事業者がそれゆえに消費税を受け取らないことになると、買った方は、仕入についての税額控除を受けられない。たとえば、500円の仕入れを課税事業者から仕入れると、納付する税額は40円で済むが(納付税額=売上の消費税80円ー仕入れの消費税40円)、免税事業者から仕入れると、納付する税額は80円になってしまう(納付税額=売上の消費税80円ー仕入れの消費税0円)。だったら、免税事業者から仕入れるのをやめよう…ということになってしまうのだ[がく~(落胆した顔)]


そんなことから、日本の消費税は、零細企業やフリーランスにもやさしい体で30年間続いてきた。


しかし、3%や5%時代ならともかく、10%ともなると、そうも言っていられない。
とうとう、課税庁は本気を出してきた。
e-Taxの普及もあった。これまでは、全事業者が窓口に来て納税をされたら、税務署がパンクするかも[exclamation&question]という思いがあったが、昨今、e-Taxで申告する事業者が増え、インターネットならすべての事業者を課税事業者にしても問題はない、と考えたのだろう。


はい、そうなんです。
全国の免税事業者、フリーランスの皆様[exclamation]
嘆く前に、手はあります。課税事業者になってしまえばいいのです[exclamation×2]
税務署に届出をすれば、売上1000万円以下の事業者も課税事業者になることができます[手(チョキ)]


しかも、インボイス開始は2023年から。
考える時間は、まだたっぷりあります[るんるん]課税事業者になれば、仕入れの税額を控除することもできます[黒ハート]


でも、やっぱり納得いかないあなた[exclamation]
2023年まで4年あります。ということは、必ずその間に総選挙(衆議院議員選挙)があります。
ここで減税・インボイス廃止を訴える政党に投票し、法律を変えればいいのです。まだ、ノーサイドじゃないですよ[黒ハート]


2019-07-31 23:37  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

参議院選を振り返って [┣かんがえごと]

参議院選挙が終わった。
参議院選挙は、衆議院選挙と違って政権交代に直接関係がない選挙なので、衆参W選挙とかでもない限り、投票率は高くない。でも本当に今回の投票率は低かった。国政選挙で50%を割るというのは、さすがになかなかない。
これには、有権者の年齢を18歳に引き下げたことも大きく作用しているようで、年齢別投票率を見ると、19歳の投票率が特に低くて、なんと28%ほどだったそうだ。(18歳も34%くらい)
これって、ただ「選挙に行こう」と言うだけじゃ、ダメなんじゃないか…という数字だと思う。
大人の低投票率は、行こうと思えば行けるけど、あえて行かなかった人が多かったと考えられるが(だって過去にはもっと投票率が高かったわけだから、その時は行ってた人が今回行ってないってことだもんね)、18歳、19歳に関しては、初めての国政選挙、もしかして、投票方法がわからないとか、投票所を知らないとか、投票所入場整理券が送付されてきたのに、気づいてないとか…あとは大学生で住民票を移転してなくて、わざわざ実家帰って選挙なんかしないわ…みたいなことも多いかもしれない。
低投票率については、我々大人が、若者の投票行けなかった理由をしっかりヒアリングして、行こうと思えば投票に行ける人が増えてくれるようにしていかなきゃな~と、それには、国も民間も関係ないな~と思う。一般人の私も、できることをやっていきたい。
投票率って高ければいいわけじゃないとも思う。
旧ソ連とか、めっちゃ投票率高かったと聞いたことがある。だから投票に行かない自由があるって素敵なことだ。
でも、せっかく、国政に参加できるチャンス、できれば、意志を表明してほしい。「棄権」は「反対票」ではない、「現状をまんま肯定する」意味だということを理解してほしい。
つまり、今回の選挙に棄権した方は、「安倍自民党を中心とする連立政権」に今後も政権を委ね、一連の不祥事については、特に問題なしと考え、とはいえ、今すぐ憲法改正したいってほどでもない…まあ、そんな感じのご意見なのでしょう。


そして、これが、今回の選挙における民意とも言える。
まあ、日本人らしい落としどころだという気もしています。


とはいえ、与党は本当に勝ったのでしょうか[exclamation&question]
新聞は、勝ったと書いています。なぜなら、安倍首相が、事前に、勝敗ラインを「過半数」と言っていたから。
でも、新聞、これを検証してなかったんですよね。事前に検証してないから、与党で「過半数」取ったので、与党勝利と書いている。
私は、これ、おかしいと思っている。


なぜなら、今回の選挙、安倍首相は、各地で下記の2点しか演説していない。
[1]憲法改正について、議論を開始する[ひらめき]
[2]民主党政権はひどかった。あの頃にもどしてはいけない[むかっ(怒り)]


ということは、今回の選挙、「憲法改正、待ったなし」であるかどうかが争点のひとつだったと言える。
これに対して、参議院における与党の勢力は、憲法改正発議に必要な、2/3を達成できなかった。また、自民党単独では参議院の過半数に到達しなかった。与党とはいえ公明党は、憲法改正の内容について必ずしも安倍首相と同意見ではない。
つまり、民意がこの数字であるならば、安倍首相にとって、これは「敗北」なのだ、と思う。
(特に、自民党改憲草案をまとめた礒崎陽輔議員が落選したことは、自民党草案自体が民意に沿わないと考えちゃだめだろうか[exclamation&question]


まあ、もちろん、敗北といっても、差はごくわずか。
これから、この差をひっくり返すために、自民党は、懐柔工作を仕掛けてくるだろうし、一部野党にアプローチをして、2/3を超えようとしてくるかもしれない。そうしたら、時間を置いて、やっぱり勝利になってしまうのかもしれない。
これまで、そうやって民意は踏みにじられてきたからね。


あと、れいわ新選組の戦略は、すごいと思った。マジで。
今後に注目していきたい。


2019-07-23 23:45  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

いまごろ軽減税率のはなし? [┣かんがえごと]

ツイッターというメディアはとても面白くて、誰かがふと呟いた言葉が、リツイートを重ねてトレンドワードになり、それをメディアが取り上げたりする。
ここ数日のトレンドワードは、「消費税の軽減税率に生理用品が入っていない」というもの…


え…いま…ですか[exclamation&question]


2019年10月に予定されている消費税増税(⇒10%)は、そもそも、2015年10月に実施されるはずだった。これを2017年4月に延期し、さらに延期して2019年10月に…なので、もっと早く言おうよ…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]と、軽減税率対応に向けて右往左往している経理担当者としては、言いたくなってくる。
少なくとも2015年くらいにもう少し関心を持って声を上げてくれていたら、色々変わったと思うんだよね。現在の軽減税率の詳細が決まったのが、2016年4月だから、3年前に内容は決まっていたわけですよ。


なぜか、食品(酒と外食を除く)+新聞[exclamation×2]


これで、大新聞は増税に反対しにくくなったのかもしれないけど。だから、情報が伝わりづらかったのかもしれないけど。


で、新聞とか、どうでもいい(そもそも貧しかったら新聞なんか取らなくなるよね)ものを軽減税率の対象に選んでおいて、コンビニのイートインまで10%(外食扱い)にするとか…もはや意味不明の軽減税率なので、そりゃ、女性の必需品である生理用品が軽減税率の対象にならなくても、驚くことではない。


てか、そもそも、こういうのを決める日本の国会議員の中で女性議員の割合は、なんと10%(2019年3月8日の国際女性デーにおいて列国議会同盟が発表)だそうなので、対象になるわけがない。


びっくりしている皆さん、選挙で誰に投票するかっていうのは、こういうところに繋がるんですよ~[exclamation×2]


2019-07-07 23:49  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

#KuToo [┣かんがえごと]

最近、SNSを中心に盛り上がっている「#KuToo」運動、ご存じでしょうか[exclamation&question]


女性が職場でパンプスを履くのがつらい…という意味で「靴」と「苦痛」をかけ、昨今の「#MeToo」運動になぞらえて、「#KuToo」として発信されたツイートが、多くの女性たちの共感を得、マスコミが取り上げるほどの盛り上がりを見せている。
これに対して、「私はパンプスが好きなのに…」「職場にカジュアルな靴で行くなんて…」という反論も聞かれる。「男だって革靴を我慢しているんだ」という意見も出てきた。
選択的夫婦別姓や同性婚なんかもそうなんだけど、パンプス好きな人は、黙ってパンプス履いていればいいだけの話で、なんで議論になるんだろう[exclamation&question]と思わなくもないが、こういう人もいる、という話を少し聞いてほしい。


私は、どちらかというとパンプスが好きな人だった。
わりと安めで、でもちゃんと見えるパンプスを常時3足用意して使いまわす…というのが、20代~30代の私の靴生活だった。夏はヒールのあるサンダル、冬はヒールのあるブーツ…と季節感も大事にしていた。
ところが、40歳になったある日のこと、それまで劇場までダッシュしていたお気に入りのショートブーツを履いてちょっとした下り坂をおりていた時、足首がガクッとなった。別にねん挫したとか、そういうことではなく、10センチのヒールを自分の足首がコントロールできなくなったのだ。
その頃から微妙に体調の変化があり、体重が急増していたこともあったかもしれない。とにかく、ある日突然、私はパンプスを履けない女になった。


私が勤めている会社は、服装も靴も比較的自由なので、以来、ヒールのない靴だろうが、ゴムのスカートだろうが、平気で身につけて仕事をしている。でも、もしパンプス強要の会社だったら、会社に行けなくなっていたかもしれない。


自分の足に合う靴を購入するようになってから、外反母趾も、だいぶ良くなってきた。
たしかにパンプスを履いた方が、足は綺麗に見えるかもしれない。でも、それで失うものも多い、と今は感じる。私の母は、外反母趾のせいで足の指が地に着いていなかった。


「私はパンプスが好き」と言って#KuTooに反対しているみなさん、一生、パンプスを履けると思わない方がいいですよ…もちろん、50代でも60代でもパンプスを履きこなしている方もいらっしゃるでしょうが、1年、また1年…脱落していく方が増えていくことは、間違いない。
「明日は我が身」なのだ。


だから…#KuTooな方の思いに耳を傾けましょう。
彼女たちが、履きやすい靴を履くのを見守りましょう。
それは、あなたの権利を害するものではありません。
明日のあなたを守るものです。


2019-06-27 23:46  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

友達申請 [┣かんがえごと]

平成のはじめ、経理のケも知らない私に、根気よく指導してくれた大先輩が、定年後の再雇用期間を満了され、退社される…ということで、送別会を開催した。
当時、私を導いてくださった先輩方は、もう会社にいらっしゃらない方が多く、その中でも、当時の課長は、その後、副社長にまで昇りつめ、数年前に退任されている。
で、その送別会で、そのお偉い方が、最近Facebookを始められ、みんなのところに、友達申請をしている…という話が出た。そうなのだ…私のところにも、友達申請が来ているのだ…[爆弾]


私、たしかにSNSも使っているが、FBは、ほぼ外食の記録用になっていて、私のFBを見たら、どんなに食いしん坊なんだろう…と思われてしまうから、会社の上司や元上司とかには、友達申請してほしくないんだよね…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
さて、どうしたものか…と思い、今は、外食記録のアップをやめている。
使っているのに、申請を無視しているのは感じが悪いかな…と思って、登録はしているけど、最近使っていないというアリバイ工作をしてみたのだ。で…このままフェードアウトしちゃおうか、どうしようか、でも、FBだけで近況を知る友人も多いので、難しいところなんだよね…どうしましょう…[exclamation&question]


2019-06-19 23:04  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

年金足りない問題 [┣かんがえごと]

人生100年時代、とか、耳障りのいい言葉が聞こえてきたかと思ったら、もし本当に100歳まで生きるのなら、年金だけでは2000万円ほど足りない、という話が聞こえてきた。
現在の年金支給額の平均値と年金世帯夫婦の平均支出額の差が月額5万円ほどだそうで、それを30年間単純に合計すると、2000万円になる、という話は、突然でてきたわけではなく、以前から言われていたらしい。
この「夫・65歳、妻・60歳の家庭で、年金だけだと月額5万円不足していて、それを貯金の取り崩しで補っていると、寿命が尽きる前に、預金が尽きてしまうかもしれない、だから、2000万円くらいは、今から自己資金を用意しておいた方がいいですよ」という、キリギリスじゃなくて、アリさんになりましょうね的金融庁の報告書は、驚きをもって報じられた。
で、それまで、この話を普通に語っていた麻生大臣が、騒ぎが大きくなると、突然、くだんの報告書の受取りを拒否、それで、さらに大騒ぎになった。


これ、金融庁の報告書に携わった人々は、本当に、キリギリスじゃなくて、アリになりましょう[exclamation]と思っていたのかもしれないが、現在の日本では、老後のために2000万円を残すどころか、貯金100万円以下の人が半数以上なのだという。
給料は上がらない一方、消費税は上がっている。そりゃ、貯金も減るわ。
こんなところに、老後のために2000万円なんて言ったら、そりゃ、大騒ぎ…[ひらめき]


案の定、あちこちでデモが起こっている、とニュースが伝えている。
その一方で、証券会社は思わぬ需要にウハウハなんだとか。貯金が少しある人々は、金利ゼロの銀行から、投資に回そうと考えるのでしょうか、リスクはとっても。でも、これだって100万円が1000万円になるわけじゃなし…。庶民は、長生きが不幸…なんて、いやな国だな。どうにかならないのかな。


老後が不安だと、消費が冷え込む。それって、日本全体の不幸だと思うんだけど、企業の皆様はどう考えているのだろうか[exclamation&question]


2019-06-18 23:28  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

令和元年 [┣かんがえごと]

5月から、新しい年号「令和」となります。
平成に始まったこのブログも、15年が過ぎ、あらたな時代までどうにか生き残りました。
今は、ツイッターやインスタグラムなど、SNSの時代で、私もツイッターをやっていますが、本アカウントは、このブログとはリンクしていませんが、リツイート専科みたいな感じになっていますし、夜野アカウントも、ほぼ更新情報のみ…という感じ。私は、今、起きていることに対して、反射的にうまいことを端的に言えない性分なので、ツイッターじゃなく、ブログの人なんだな~と、実感しています。
なので、これからも、ブログがある限り、ブログを大事にしていきたいと思います。
これからの時代も宜しくお願いします。


2019-05-01 23:55  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

つらい仕事のトラウマ [┣かんがえごと]

最近、命よりも仕事を優先しようとしている知人がいて、マジで止めた。でも、彼女は、必死だった。
不在中に所属部署が解散し、行き場を失くした彼女は、行きたくもない部署に異動になった過去がある。この経験は、彼女の中で、決して消えることのないトラウマになっていた。
今の職場は好きだから、失いたくないから、絶対に会社に行く…そんな言葉を聞いて、どう言っていいかわからなくなった。


私も今、ちょっとばかり、気持ちが不安定で、仕事への情熱が急激に冷めつつある。
まったく逆の立場だが、実はそれも、トラウマに原因があるのかもしれない…と、この時、思い当たった。


トラウマと上手に付き合うか、精神衛生上ベストな道を選ぶか…色々考える時期なのかもしれない。


 


2018-10-23 23:30  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ひとのみち」って書いたけど… [┣かんがえごと]

「ひとのみち」に外れたことなんて、一度もしたことがない、と、言っている人がいたら、かなりの大ウソツキか、忘れっぽい性格なんだと思う。
誰でも、生きている限り、大なり小なり、「ひとのみち」に外れることをしてきたはずだ。私だって、えらそうに語る資格はない。
特に、「色恋」っていうヤツは、本人にはどうしようもない、「不可抗力」だと思うから、多少のことなら、目をつぶってあげたいと思う。自分に関わりのないところで、だったら。

「寝物語」っていうのがあるそうで。
そこで、面白おかしく語られたことが、「真実」のように、一人歩きして、当人の元上司の耳に入った。
もう、彼女は、普通の人生は歩いていけないだろう、と思う。

でも、同情する気はないな。
「不倫はいけません」みたいな「ひとのみち」についてお説教する気はないけど、たとえどんな不満があっても、「お世話になったところに、後足で砂をかけるようなことをしちゃダメなのよ」っていう「ひとのみち」に反し、しかも、こっちには砂がかかってるんだもの。


上記の記事は、2006年に書いたものだ。(2006年6月6日の記事)
それから、一回りの歳月が流れた。
最近、2006年頃の観劇記録を探していて、その時にふと、目に留まって読んだら…すっかり忘れていた、私、こんなこと書いていたのね。


その後、私たちの会社は解散し、私は元の会社に戻り、「元上司」は、現在、第二の人生を楽しんでいる。
で、「彼女」なのだが、現在、私の会社の最大の取引先に勤務している。こっちがひれ伏す立場[爆弾]まだ会ったことはないが。
人生というものは、こんな番狂わせが待っている、こともあるのだ[exclamation×2]


2018-10-04 23:35  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

73年目の夏 [┣かんがえごと]

今から73年前の8月9日午前11時、長崎に原爆が落とされた。
高校生の時、修学旅行で九州に行き、長崎で原爆資料館を訪れた。恐ろしかった。楽しい修学旅行で、箸が転んでも笑い転げる年代の高校生が、あの時だけは無言になった。
もちろん、平和記念公演も訪れた。


今も高校生は修学旅行で原爆資料館を訪れるのだろうか。
果てしなく暑い夏、平和ボケしまくっている私だけど、8月6日、8月9日、そして8月15日は、しんみりとあの時代のことを考えたい。


よく、あの戦争で尊い命を失くされた方々のおかげで、今の私たちがある…と、綺麗事で思考停止している意見を見かけるが、当時の記録を見ると、それは違う。むしろ、国の無謀な戦略とも呼べない戦略のせいで、死ななくてもいい人が大勢死んでしまったように感じる。
本当に一億玉砕しかかっていた…と。
一般家庭から金属類を回収するとか、松やにを飛行機の燃料に使うとか、そんなもので戦争に勝てるとはとても思えない。なのに、大真面目にそういうことをやってしまう。


なぜ、そんなことになってしまったのだろう…
反省を忘れてしまうと、また同じことの繰り返しになってしまう。それこそ、あの戦争で亡くなった方に申し訳ない。


あれ、そういえば…携帯電話の金属でオリンピックのメダルを作る話、まだ、だいぶ足りないとか聞いているけど、大丈夫かな。


2018-08-09 23:20  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前の10件 | - ┣かんがえごと ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]