So-net無料ブログ作成
┣続百名城 ブログトップ

岸和田城 [┣続百名城]

大阪ライブの前日がゆうひさんFCの会合。何も考えずに、いつも宝塚を観る時の新幹線を予約してしまっていた。いったいその時間まで何をしよう…[あせあせ(飛び散る汗)]日程が近づくにつれ、頭を悩ませる。雪組大劇場公演も考えたけど、移動がバタバタしそうだったので、化粧タイムのことなど考えて断念[爆弾]
というわけで、続百名城のひとつ、岸和田城に行くことにした。
初めての南海電鉄に乗り、「蛸地蔵」駅で下車。グーグルマップ様の導くままに歩いていると、いきなり、視界が開けた。
岸和田城‐1.jpgおおー[exclamation×2]お城だ[exclamation×2]


こちらの天守閣は昭和29(1954)年の再建。
成立時期は正確には不明だが、江戸時代に大坂の「南の守り」として西国への備えとなっていたそうなので、江戸時代に整備された城郭の特徴を持っているように思った。


岸和田城‐2.jpgその一番の特徴が、この百間堀。
広い水堀で城をぐるりと取り囲むのは、江戸城もそうだが、「大砲で城を狙える」ようになって以降も拠点と考えられた場所。
城を整備する時に、大砲の射程距離を考えて堀の幅を取っているというのが、江戸時代に現役だった証拠かな。(天下泰平の世になって御役御免となった城は多い。)
岸和田、重要な場所だったんですね。
(岸和田といえば、きりやんなので、力がはいる[わーい(嬉しい顔)]


岸和田城‐3.jpg現在では、城をぐるりと巡らせるところまではできず、一部、埋め立てられているとのこと。
この辺でどんずまりみたいですね。


岸和田城‐4.jpgさあ、お城に入りましょう。
天守閣は、鉄筋コンクリート三階建て。それほど高いものではないので、眺めはまあまあかな。


岸和田城‐5.jpg真下にあるのが、こちらの「八陣の庭」。
昭和28(1953)年に、重森三玲(しげもり・みれい)によって設計、作庭された庭園。天守閣の前にこんな風にどどーんとあって、目を引く。
ナスカの地上絵かと思ったけど、中世城郭の縄張図を現代風にアレンジしたもので、諸葛孔明の「八陣法」をイメージした石組が配置されているんだとか。
詳細は、いつの日か、写真帳の方で解説できればいいな~と思いつつ…いつになるやら。


岸和田城‐6.jpg石垣もステキだったけど、この石垣も実は再建なんだとか。
すごく暑い日だったので、このたっぷりとした水を眺め、少しだけ涼を感じることができた。


とはいえ、まあ、暑いです。


岸和田城‐7.jpg二の丸は、馬出しのようになっていて(広島城もそんな作り方だった記憶)、そこに、イタリアンレストランがあったので、少し早めのランチをいただき、帰りに、近くの岸城(きしき)神社に行き、ゆうひさんのライブの成功をお祈りして、大阪まで戻った。


化粧は、どろどろに溶けていて、大阪で一生懸命直したものの…記念写真の到着が怖すぎます…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


2019-06-29 23:05  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

掛川城と浜松城 [┣続百名城]

七海ひろきさん卒業のその日、どうしても他の日にすることができず、友人と年に一度程度の城旅。
でも、お願いして、ライブビューイングには付き合ってもらいました[わーい(嬉しい顔)]


2019掛川城.jpg


青空と桜と城…この好き日に卒業する人が、幸せにならないはずはない…と思います[黒ハート]
で、こちらの写真は、掛川城です。私は二度目の登城だったのですが、やはり美しいですね~[ぴかぴか(新しい)]


浜松城1.jpgそこから、JRに揺られること30分、浜松城にも行ってきました。


浜松城は、徳川家康が岡崎城の後に居城にしたところで、その後の家康の出世になぞらえ、出世城とも呼ばれています。


天守閣は鉄筋コンクリートによる再建。でも、石垣の一部が戦国時代のものであるそうで、その辺りが見どころだそうです。


浜松城2.jpgこちらの写真は、若き日の家康さん像。
岡崎城にも、駿府城にも家康像があり、その時々の家康さんが像になっているのが面白いな…と感じます。


そして、浜松は、大河ドラマでおなじみ、「おんな城主直虎」の故郷の町でもある…ということで、家康くんと同様、出世法師・直虎ちゃんも、ご当地の人気キャラクターになっているようです。


浜松城3.jpg少し、引きで撮影した浜松城の全容です。詳細は、いずれ、写真帳の方にアップしていきたいと思います。
かいちゃんのサヨナラのせいか、すごくよいお天気で楽しい遠足となりました。


浜松城4.jpg城の後は、TOHOシネマズ浜松に行き、星組公演千秋楽のライブビューイングを見ました。
かいちゃんの最後のステージというだけでなく、「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」という作品のラストステージをライビュで見ることができたのは、すごく貴重な経験でした[ひらめき]



2019-03-24 23:46  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

村上城 [┣続百名城]

ゆうひさんが出演する「人形の家」初日を観劇するために新潟へ。
ただ、開演が19時だったため、昼間は、お城見物に行くことに…。以前、りゅーとぴあに行った時に、新発田城は行っていたので、今回は、続百名城から、村上城を選択した。


JR白新線で村上駅まで行き、駅からタクシーで村上市郷土資料館へ。ここにスタンプがあるんです。


村上城-1.jpg資料館にはほかにお客もなく…でも、係の方がとても親切で、城に行く前に資料館の中を探索。地元の有名なお祭り、村上大祭の神輿を鑑賞してきました。
資料館にこんな風に展示されています。


村上城-2.jpgそこから徒歩で村上城へ。
ちょっと歩くのですが、グーグル先生のお導きにより、どうにか現地に辿り着きました。


村上城は、少なくとも室町時代に、地頭であった本庄氏によって築城されたようで、標高135メートルの臥牛山を利用した平山城。


村上城-3.jpgこちら、入口の一文字門跡。
ここから、七曲りと言われるつづら折の坂を登り、山頂へ向かいます。
比較的低い山に築かれた平山城…もいくつか経験していますが、ここまで親切な案内図のあるお城は初めて。満を持して続百名城の指名を受けたのだろう…と感じました。


村上城-4.jpg東日本の城は、土塁を使ったものが多く、総石構えの城は珍しいそうです。
こちらは、修復された出櫓台。


昭和の時代に豪雨で崩壊したものを、国の史跡に指定されたのを機に、修復工事に入り、平成27年に完成したそう。素晴らしい[exclamation]


村上城-5.jpg臥牛山頂からは、日本海がハッキリと見え、お天気はイマイチでしたが、気持ちの良い眺めでした。


村上城-6.jpg百葉箱[exclamation×2]
久しぶりに見た…
というわけで、ここが標高135メートルです。


この日は、あまりお天気がよくなくて、途中でざーっと降り出したらどうしよう…という感じだったのですが、登り始めた時にはうすーく降っていた霧雨も止み、気持ちよい山頂でした。


村上城-7.jpgそして、もう5月だというのに、桜が咲いていました[かわいい]
ちょびっとだけでしたけどね。


村上城-8.jpg壮観な石垣のぐるりでした。


帰りは電車に乗るまで時間もあったので、グーグル先生のお導きのまま、歩いて村上駅まで。20分くらいで駅に着きました。


新潟に着いてからは、駅前のぽんしゅ館さんで日本酒の利き酒にトライし、新潟ライフを満喫したのでした。


たくさんの利き酒の末に、私が選んだお酒は「越路吹雪」。おススメです。


2018-05-13 23:02  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

┣続百名城 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]