SSブログ

リーガロイヤルホテル東京「STAY GOLD」汐美真帆 [┣汐美真帆]

このGW、リーガロイヤル東京では、元宝塚スターによる、トークライブ「STAY GOLD」が開催されていた。別日程で、高汐巴さん、大原ますみさんのトークライブもあったが、5月6日は、ケロさんこと、汐美真帆さんの日。

久しぶりに(RENT以来)ケロさんに会いに行ってきました[揺れるハート]

今回のステージでは、ピアノ伴奏の張かんなさん(ケロさんの中学の先輩で、ピアニスト兼カラーセラピスト)とのコラボということで、カラーボトルを用意、“色”と音楽というテーマで進んでいった。
カラーセラピー(オーラソーマ)と、ケロさんの特技、ヨガの共通点に、“チャクラ”というのがあるらしい。どうやら、人間のBODY(胴体)部分の各位置にあって、そこを解放することによって、健康を維持したり、エネルギーを蓄えたりできるようだ。(ごめんなさい[あせあせ(飛び散る汗)]ちゃんと理解してないかも、です[爆弾]
で、その7つあると言われているチャクラのそれぞれに対応する「色」をイメージするような曲構成で、ステージは進行していった。

第一のチャクラ…カラーボトルNo.5【赤】、生命力とかエネルギー。対応する部位は、大地に接する部分・基底部(臀部?)。⇒RENTメドレー「No Day But Today(Finale B)~I'll cover you~Seasons of love」

第二のチャクラ…カラーボトルNo.26【オレンジ(橙)】、家族や友人関係で活躍してくれる色。ファーストフードでは、回転を早くする効果も。対応する部位は、おへそと基底部の中間。ものの本によると性器らしいけど、そこは、すみれコードか?⇒「セビーリャ」(血と砂)
♪兄弟が夕日に向かって可愛らしく歌った歌、との紹介あり。途中、ピアニカ演奏も。ちょうど、舞台でプルミタスが歌う部分からピアニカをひとくさりやってくれました。なぜ、ピアニカか、というと、音色がオレンジ色っぽいな、ということのようです。
→デザートの回は「埴生の宿」

第三のチャクラ…ステイゴールドに無理やりかけて、カラーボトルNo.4【イエローゴールド(黄)】、本来の自分がある場所。神様・高次元と繋がってる場所。対応する部位は、みぞおちくらい?身体のセンター。⇒ゴスペルメドレー「Joyful Joyful~Oh! Happy Day~Amazing Grace」
「Joyful Joyful」は、DSや沖縄でのショーとかでも歌った曲。どこかで見せてもらった秘密映像(←こらっ[ふらふら])でしか見ていないけれど、懐かしい。後の2曲は英語で。

第四のチャクラ…カラーボトルNo.3【ブルー&グリーン(緑)】、愛、平和、森、自然、地球。対応する部位は、ハート、胸。⇒「心の翼」(テンダーグリーン)
これは、退団時のムラのお茶会でも(この時にも張さんがピアノを弾きに来てくださった)聞いた話ですが、ケロさんが中1で小林聖心に入学し、演劇部の主演に抜擢された時の作品が、「テンダーグリーン」だったということ。抜擢したのが、演出兼ピアノの張さん。しかも、ケロさんありきの演目だったらしい。(宝塚作品の上演は、学校ではご法度だったのを押し切ったとか。)

第五のチャクラ…カラーボトルNo.2【ブルー(青)】、しゃべるお仕事の人はブルーをつけているといい。眠くなる色でもある。(不眠症に効く)対応する部位は、喉。⇒「君をのせて」(天空の城ラピュタ)
ブルーといえば、海や空の色でもあるので、この曲を…ということだった。
→デザートの回は、「武蔵、幼き日々~地上の龍」(巌流)

第六のチャクラ…カラーボトルNo.1【ロイヤルブルー(藍)】、目に見えないものを読み取る、直感力をつかさどるところ。対応する部位は、第三の目(額)。⇒「上を向いて歩こう」
星は、昼でも輝いているので、見えない星を見るように…ということでの選曲。DSのアンコール曲だったんじゃないかな?

第七のチャクラ…カラーボトルNo.20【ピンク&ブルー(紫)】、天とか神様を意識する部分。ブリッジで刺激できる。対応する部位は、クラウンチャクラ(頭頂)。⇒「Night&Day」
ピンクとブルーだから夜と昼?みたいなこじつけで…とのこと。

こうして、揃った色は、並べてみれば、

… 

はい、そうなんです!ということで、最後の曲は、「Over the Rainbow」
こちらは、張さんとピアノの連弾をしながら歌われました。全部英語で。
虹の向こうに何があるかを見つけるよりも、そこに行くまでの気持ちや過程が大切なんじゃないか、というメッセージを込めて、歌ってくださいました。

アンコールは、退団の時に張さんが作詞作曲してくれた曲、「星の花」を。

まさか、ドレス姿だったらどうしよう?とか不安だったのだが、燕尾っぽいコーディネートで、髪も短く、なんか、現役さながら、という感じだった。
ちょっとライトを落として、歌の間奏に佇んでいる姿は、黒髪のせいか、ちょっとまっつに似ていて、ドキッとしたり。(でも、まっつに感じる“小さい・可愛い”は不思議と感じない)
7つのチャクラに対応する色たちは、自然界に存在する一番基本的な色だから、この音楽を聴いて、空や夕日に心を開くと、心身共に健康になるのではないか…と、ケロさんの歌と説明を聞きながら、感じたのでした[黒ハート]

受付にまちおさんがいて、ちょっとビビったり、南海まりちゃんを客席に発見して超嬉しかったり、「RENT」で共演した、Junearさんを見かけたり、幸せな気分で連休最終日を過ごすことができた。
ご一緒させていただいた、お友達のみなさま、ありがとうございました。
曲目リストもご提供いただきまして、助かりました[わーい(嬉しい顔)]

そうそう、9月12日に宝塚ホテルでコンサートがあるとか。関西方面の方は、ぜひ!
こちらも張さんとのコラボとのことです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0